借金減額 嘘

国が認めた借金減額方法の仕組み

「借金減額方法って嘘なの?」

 

「借金減額の仕組み、カラクリが気になる」

 

と思っているあなたへ。

 

このページでは、国が認めた借金減額方法についてお伝えします

 

借金を減額できれば、今より返済が楽になりますよね。

 

 

借金減額にリスクやデメリットはある?

 

借金減額のリスクやデメリットが気になりますよね。

 

広告自体は、以下でお馴染みかもしれません。

 

  • テレビCM
  • ラジオCM
  • 電車の中吊り広告
  • ポスティングのチラシ

 

でも…本当はどうなのでしょうか?

 

結論からお伝えすると、借金減額の中には、国によって認められている制度がありますよ

 

今からお話ししますね。

 

国が認めた借金減額方法は個人再生

 

法律で認められている借金減額は『個人再生(民事再生)』です。

 

個人再生を簡単に言えば、

 

裁判所に申請して、元本を大きく減らせる仕組み(原則5分の1)

 

となります。

 

ただし、住宅ローンを除いて5000万以下の借金が対象となり、借金100万未満は減額になりません

 

そのため、もしあなたの借金が、

 

  • 300万
  • 500万
  • 1000万
  • 3000万

 

といった金額なら、個人再生の恩恵を受けられるかもしれません。

 

要するに個人再生とは、詐欺や罠ではなく、公的な仕組みですね。

 

借金減額シミュレーターを利用すれば、「あなたに個人再生が合っているかどうか」が分かります。

 

↓↓ライズ綜合法律事務所の減額診断はコチラ↓↓

 

特定調停で借金減らせる?

 

個人再生以外の手続きに『特定調停』があります。

 

特定調停も、個人再生と同様に、裁判所に申請する公的な手続きですね。

 

裁判所が仲裁役となり、債権者(お金を貸した側)と債務者(お金を借りた側、つまりあなた)の和解成立を支援する手続きです。

 

主な効果は以下ですね。

 

  1. 引き直し計算による元本減額
  2. 将来利息のカット

 

今までに利息を払い過ぎていれば、引き直し計算により、元本が減ります。

 

近年の借金には該当しませんが、2007年以前から借金返済を続けていれば、元本を減らせる可能性があるでしょう。

 

将来利息もカットされるので、今後の支払いが楽になりますね。

 

ただし、利息を払い過ぎていない限り、個人再生のような大幅な借金減額は見込めません

 

また、基本的に本人が交渉する必要がありますし、裁判所に行くのも平日なので時間が掛かるでしょう。

 

忙しい日々を過ごしていると、なかなか時間を取れないのではないでしょうか。

 

費用自体は安いので、時間的な余裕があれば検討して下さい。

 

任意整理による借金減額ってどう?

 

次に、任意整理があります。

 

任意整理は、裁判所を通さず、貸金業者や銀行と交渉して、以下を目指す方法です。

 

  1. 将来利息のカット
  2. 遅延損害金のカット
  3. 残った元本を分割払い(36回〜60回)

 

任意整理は自分でも出来ますが、現実的ではありません。

 

個人再生や自己破産と違って、あくまでも私的な交渉なので、和解が決裂する可能性もあるんですよね。

 

やはり、交渉テクニックに長けた経験豊かな弁護士にお願いすると良いでしょう。

 

それ以前に、「あなたにとって任意整理がベストかどうか」を判断してもらう必要がありますので、気軽に減額診断を受けてみて下さい。

 

借金減額のカラクリ・仕組みのまとめ

 

以上が借金減額方法(国が認めた減額方法含む)ですが、最後に借金減額のカラクリ・仕組みをまとめます。

 

借金を減らす方法として以下がありますよ。

 

  1. 個人再生 → 裁判所に申請して、元本を大きく減らせる仕組み(原則5分の1)
  2. 特定調停 → 裁判所が仲裁役となり、和解成立を支援する手続き
  3. 任意整理 → 裁判所を通さず、利息カット、分割払いを目指す手続き

 

他にも自己破産により、借金問題が解決するケースがあります。

 

自己破産はイメージ通り、一定の価値ある財産を手放した上で、借金免除を目指す手続きですね。

 

個人再生と同じように、裁判所に申請する形になりますので、弁護士事務所に相談すると良いでしょう。

 

↓↓ライズ綜合法律事務所の減額診断はコチラ↓↓

page top